やさしい金の買取情報

不要な金製品があるなら、買取り店へ持ち込んで査定をしてもらおう、臨時のお小遣いかぜぎにもなる

古いジュエリーの金の買取り

on 2015年11月12日

いつからあるのかわからないけれど、祖父母の代の年代もののジュエリーで、かなり大振りのボリューム感のあるデザインのネックレス、帯留め、リングなどを、どうやって処分していいのかわからないということはありませんか。

ゴールドのリングも幅広で、自分が実際に身に着けて出かけるには、出かける場所も選ぶし、現実的には身に着けることはなさそうだなという気持ちと、そうかといって、捨ててしまうというわけにもいかないなぁという気持ちで、ずっと宝石箱にしまってあるという人もいるのではないでしょうか。

こうした現在の流行には合わないデザインのジュエリーは、古い世代が高価なジュエリーを購入して、大切に次の世代に受け継いでいるものも多く、査定に出すと思いがけない高額査定になるケースもあります。

自分の好みだけで処分を決めずに、一度査定に出してみることをおすすめします。

金の部分、地金の部分、石の部分などがある場合は、金の標準価格ではなく、ジュエリーとして査定をする店もあります。

個別に査定をするというところもあります。

買取り店で適正価格を探すのはとても難しいですが、代々大切にしてきたジュエリーならば、なおさら、その価値を高く見積もってくれるお店に買取り依頼をしたいものですよね。

金の価格だけでなく、ダイヤモンドなどの他の石の価値も査定を左右します。

できれば複数の店舗を周って、納得のいく価格で買取りをしてくれるところにお願いしたいものです。

関連サイト=>『金についてあれこれ


Comments are closed.